水漏れでのトイレの交換と修理の費用

トイレが水漏れをして交換をするとなると費用が掛かってきます。修理をするよりもほとんどの場合は高額になります。ただ、安いからといって修理をするのではなく状況に応じて修理と交換をよく考えて決めるようにしましょう。

■トイレの交換にかかる費用はどのくらいになるか

水漏れしているトイレの交換をする場合、トイレの種類によってもかかる金額は違ってきます。一般的なトイレであれば交換はトイレの代金と工事費を含めてもおよそ10万円以内程度に収まることが多いです。
ただ、タンクレストイレのような最先端のトイレに交換することになるとトイレ本体の代金も作業代金も高くなります。工事費よりもトイレ本体の代金で作業代金は変わってきます。

■修理よりも高いけれども使い勝手はよくなる

トイレは消耗品であり経年劣化をしていくものです。使っていくうちにどんどんと劣化をしていき7年から10年経てば新しいものに変えていくことが必要になります。そのため修理をして使っていても時間が経ってきたら新しいものに買い替えることは必要です。
トイレを交換することは修理よりは格段に費用が掛かります。しかし、交換することによってトイレの機能が向上するのでメリットは高いです。節水機能がついたり掃除機能がついていたりするものもあるので修理の内容によっては新しいものに変えた方がいいこともあります。

■まとめ
トイレは使っていくうちに劣化をしていくので修理をするだけでなく新しいものに買い替えて交換することも有効です。一時的に費用は掛かりますが、最新式のトイレは機能も高くメリットも多くあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ