トイレの水漏れを自分で修理する方法

トイレの水漏れは自分で修理する方法もあります。すぐに業者に連絡をするのではなく、まずは原因を確認して自分で修理ができるかどうかを確認してみましょう。

■タンクのトラブルは自分で直せるものが多い

タンクの中はいろいろと部品が入っていて水の出る量を調整しています。そのため内部の部品に問題が起きていると水が漏れてくる原因となっていることが多いです。
中にある部品が劣化していることで水が漏れている場合には新しい部品に交換するだけで修理ができます。部品を交換する方法も簡単なので素人でも修理ができます。また、地震やぶつかった衝撃でズレてしまって水が漏れてしまっていることもあるので簡単に直せることもあります。しかし、タンクや便器がひび割れてそこから水が漏れてくることがあります。これは自分では修理が難しいですし便器自体を買い替えることが望ましいです。

■ナットの緩みで水が漏れることもある

トイレにはいろいろな部分でナットが使われています。給水パイプやウォシュレット部分のつなぎ目などにあるナットが緩んでいると水が漏れる原因となります。これらはナットを締めるだけで水漏れを修理することが可能です。ナットが緩んでしまっている原因としてナットの劣化もあります。もしもナットが劣化していて緩んでいるという場合にはナットを新しいものに買い替えると直ります。


■まとめ
トイレの水漏れ修理の中には自分で対応できるものも多くあります。諦めてすぐに業者を頼むのではなくまずは自分で修理できるかどうかを確認してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ